ぱらそる@犬猫と暮らすちいさなおウチつくりましょ。

キジトラ猫&ゴールデンレトリバーと暮らす為の家を建てました。犬猫のこと、インテリアや収納、料理のことなど日々の生活を書き綴っていきます。時々趣味炸裂でカープやフィギュアのことも書くかも・・・。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

内装@床材1~無垢材にしました~

間取りの確定と平行して、内装もぼちぼちと決め始めました。



まずは、床材。

我が家は、ごん太&天がいるため

・全ての素材は掃除がし易いものを
・床;滑りにくい、傷がつきにくい、匂いがつきにくい

ものが条件となります。



と同時に、2階フロアは結構な開放感があるので(まあ、それを希望したんですけど)

できれば、床暖が入れれたらな~とも思っていました。



床暖ありきで考えると、

1、無垢だとかなり選択肢が少なく且つ、少々高価に。

2、合板だと、1よりは選択肢は多くなりお値段も手頃に。



床暖を諦めると、

3、無垢でも選択肢は多くなり、床暖入れる場合より安価に。

4、合板だと選択肢もたくさん、一番安価に。



この4パターンが考えられます。

(ペット対応だと、タイルとか、コルクタイルとか、いろいろ他にも

検討した素材もあったんですが、全体の雰囲気や質感も考慮して

寝室や畳コーナーなどを除いた主な床材はフローリングにしました。)



考えれば考えるほど

”床暖欲しいな~。床暖入れてる家は皆正解だったって言ってるしな~”

という思いが強くなっていってたんですが・・・



打ち合わせの最中に

「いやあ、昨日は雷がすごかったですね~」

という話をしていたんです。で、

「ごんは雷、苦手で、床とか掘るんですよね。。。」

と言ったら・・・



「…じゃあ、鯉子さん家は無垢の方がいいですね」



ごん太の雷話から、一気に話が進みました(笑)



無垢だと「傷に対してのメリット」が合板に比べて格段に上だというのです。

(無垢は傷が付いた場合でも表面を削るだけで元の美しさに。)

確かに、ごん太の掘りはすさまじいので(爆)床が削れた場合

元に戻せるというのはかなりのメリットです。

おまけに、無垢だと、少々の汚れは味になるという・・・一挙両得。



あとは、床暖ですが。

床材ですので、視覚的に部屋の雰囲気にかなり影響するということで

(あとはもちろん、金額的なことも^_^;)

寒冷地でもないし、ここは床暖は諦めて選択肢の多い「3」でいくことにしました。



そして、決めた床材はこちら。

床材

アンティーク感があるものを探していたので

ムラが出るらしいこの床材にしました。

(このサンプルは赤褐色が強いですが黄白色と黒色の色ムラがあるそうです)

油脂分が多く、耐久・耐水性もいいそうです。

この点は我が家にはピッタリ!!



一番最初に掲げていた

・全ての素材は掃除がし易いものを
・床;滑りにくい、傷がつきにくい、匂いがつきにくい

という条件は、

・無垢だと汚れも削ることが出来る、または味になる
・耐久、耐水性にすぐれている→掃除もしやすいかな??

ということで、クリアというわけには行きませんが・・・^_^;



でも、恐らく合板よりは無垢の方がすべりにくいと思っているのですが

これは実際どうでしょ??



あとは、お手入れ方法もしっかり調べて大切にしなきゃですね。

(2008年5月~7月)



FC2 Blog Ranking ←参加しています。よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング ←こちらもよろしくお願いします。 

にほんブログ村 注文住宅 ←ポチっとお願いします。




スポンサーサイト

| 打ち合わせ | 22:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。